暖炉の夢占い

暖炉の夢と言うのは、「暖かい温もり・団欒(だんらん)」を意味しています。

暖炉に火が入っていたり、暖炉の火を温かく感じているような場合は、近いうちにあなたに精神的な安らぎが訪れることでしょう。

特に家庭運が上昇していることを意味しており、家族とのコミュニケーションが活発になったり、幸せな団欒の時間を過ごせそうです。

また、財産や不動産を受け継ぐ可能性があり、経済的にも安定した家庭を築ける予兆です。

逆に暖炉の火が消えていたり、火がついているのに寒く感じるような夢というのは、家族や恋人などからの愛情に飢えていることを表しています。

暖炉の炎が赤々と燃えている夢

暖炉に火がちゃんと入っているような夢、そしてそれを温かく感じているような夢は、あなたの人間関係がとてもうまくいっていることを意味しています。

あなたは家族や恋人から、十分な愛情を注がれているようです。
これからも幸せな生活を送って過ごせそうです。

暖炉に火を着ける夢

暖炉に火をつけたり、燃えている暖炉に薪をくべるような夢というのは、あなたに対して周りの愛情が高まるということを意味しています。

あなた自身も、その愛情に気付くことができるような出来事が近々起こるでしょう。

暖炉の火が消えている夢

暖炉の火が消えていたり、火がついてても寒さを感じているような夢というのは、あなたが家族や恋人などからの愛情に飢えていることを意味しています。

家庭が冷え切っていたり、恋人とうまくいっていない、周りとうまくコミュニケーションが取れないなど、周りからの愛情を感じられず、孤独感を感じているようです。

人気記事

上に戻る ↑