夜の夢占い

夜が印象的な夢は、あなたのまだ見ぬ可能性を暗示しています。
夜の夢を占うポイントは、あなたが夢の中の夜に関してどのような印象を受けたかがとても重要となります。

夢の中の夜に対して、怖さや不安を感じるような夢の場合は、あなたの身体が休養を欲していることを暗示しています。
疲れやストレスが溜まっているときですので、休暇をもらって、身体を休めたり楽しいことをしてリフレッシュすると良いでしょう。

逆に夢の中の夜に対して、夜景を楽しむなど、良い印象を受けた夢の場合は、あなたのまだ見ぬ隠れた才能を暗示しています。
特に星が煌めくような夢は、良い暗示とされています。

夜に太陽が昇る夢

夢に表れた夜は、未知なる可能性を意味しており、そこに太陽が昇った場合は、学業や仕事における成功や、人生の栄光を勝ち取ることを暗示しています。

これからあなたには、人生の転機になるようなことが起こるでしょう。
そしてそれは、大変な幸運が訪れる前触れでもあります。

今までに経験したことのないような事が起こるので戸惑うかもしれませんが、恐れることはありません。
流れに身を任せましょう。

夜が明ける夢

夜が明ける夢を見たあなたの運気は上昇中です。
暗く、厳しい状況が続いていましたが、これからは明るい未来が待っています。

くよくよと悩んでいたことも解決の糸口が見え始め、分からずにモヤモヤしていたことも次第にはっきりと分かってくるでしょう。
徐々に光が差してくる夜明けは、希望に満ちたもの。
温かな光に包まれるような幸運が、あなたを待っている暗示です。
 

異性と夜景を見る夢

あなたの隣で夜景を見ていたのは誰だか覚えていますか?
この夢は、その相手との関係性を表したものです。

実際に付き合っている人や配偶者と一緒だった場合、あなたは自分の理想を相手に押し付けすぎている可能性があります。
いかに仲が良く、趣味の合う相手だったとしても、人生の全てを共有することはできません。
相手を尊重してこそ、本当に仲の良いパートナーシップを築いていけるものです。

実際は面識のない相手と夜景を見る夢だった場合、あなたが感じている不安感を表しています。
原因がはっきりとはしていないこともあるかもしれませんが、あなたが感じている漠然とした不安感や孤独感を、誰かと一緒にいることで慰めてほしい、という願いが夢に表れたのです。

人気記事

上に戻る ↑