火事の夢占い

火事の夢は、激しい怒りや欲望を意味します。
そして破壊の後にくる再生の意味を備えています。

これは、まだ文明が発展していないときの火事と言えば、森の木に雷が落ちてそこから出火し燃え広がる、今で言う山火事を指していました。

火というのは全てを燃えつくしてしまいますが、その後に残った炭や灰が肥料となり、新たな植物が生まれ生物を育みます。
それを利用した焼畑農業は皆さんも知っていることかと思います。

ですので火事の夢というのは、あなたの中に自分自身で抑えることの出来ない強い感情があることを意味しますが、その激しい感情はだんだんと良い方向に浄化されていくことを示しています。

自分の家(自宅)が燃える夢

火事で自宅が燃える夢というのは、縁起が悪そうですが実は良い夢です。
メラメラと燃え盛っていればいるほど、家内安全や繁栄を意味します。

また恋愛運が上がっているときでもあり、お見合い話や結婚話が出てくるでしょう。

火事から逃げる夢

火事になっている建物から逃げていたり、火に囲まれるような夢を見た場合はあなたが現在、非常にプレッシャーを感じていることを意味します。

近々、重大なプレゼンなどがありませんか?
火事の大きさがそのまま、あなたのプレッシャーの大きさを表しています。

「慎重な判断・決断」というのをキーワードにして、物事を進めると良いでしょう。

火事で火傷する夢

火事でやけどをする夢は、成功のシンボルです。
社会的地位や名声を得たり、成績がよくなったりしそうです。
あなたにとってうれしいニュースが舞い込んでくる暗示です。

火傷をする夢も参考にしてみてください。

火事場を見物している夢

火事があるとどこからともなく集まってくる野次馬。あなたが野次馬になって火事場を見物している夢は、好奇心旺盛になっていることを意味します。

好奇心が強すぎることで、気を許すと浮気に走ってしまう可能性があることを夢は警告しています。浮気をすることであなた自身が後悔することになります。そのエネルギーを堅実な方向へと向けてください。

火事の現場を見物している夢を見たあなたはセックスの夢占いも参考になるでしょう。

火事の焼け跡が印象的な夢

火事の後の焼け跡が印象に残っている夢は、あまり良くない夢です。
自宅の焼け跡の場合は家族が病気や怪我をするという警告夢です。

自分の家以外の燃え跡であれば、何か計画後とのトラブルや頓挫してしまうような出来事が起こることを意味します。

火事を消す夢

火事を消す夢、つまり火事を消火する夢には、「あなた自身の感情をコントロールする」という意味と「何かを諦めないといけない状況になる」という2つの意味を持ちます。

夢の中の火事はあなたの感情の起こりを表します。あなたの中で沸き起こる怒りや欲望の火を鎮火するという意味を持つでしょう。

また、夢の中の火はあなたの「精神力」や「やる気」を象徴する場合もあります。この場合は火を消すという行為によって、あなたのやる気も同時に消えてしまうことを暗示するでしょう。

最新の夢占い

上に戻る ↑