胸の夢占い

夢の中の胸は、あなたの感情やプライドを象徴します。
夢に現れる胸の状態や状況などによって、あなたの抱えるストレスの大きさなどを測ることが出来ます。

あまりにも胸が苦しい夢を頻繁に見るようなことがあれば、消化器系に病気があるのかもしれません。
早めに医者に診てもらうようにしましょう。

また、極度のストレスを抱えていることもありますので、自分のリラックスできる方法で休養を取りましょう。

広くてたくましい胸の夢

広くてたくましい胸が印象的な夢は、人間関係が順調であることを暗示しています。
公私ともに信頼できる相手が見つかる予兆です。

また、女性がこのような夢を見た場合は、心の広い男性との出会いを暗示することもあります。
そのような人が現実に現れた場合、恋愛へと発展するでしょう。

痩せて頼りない胸の夢

痩せて頼りない胸が印象的な夢は、人間関係が充実していないことを暗示しています。
原因はあなたの消極的な態度にありそうです。自分から積極的に他人の輪に入るようにしてみましょう。

また、女性がこのような夢を見た場合は、恋愛運の低下を暗示しています。
近い時期に出会う異性はあなたにふさわしくないかもしれません。

他人の胸に顔をうずめている夢

人の胸に顔をうずめている夢は、包容力のある異性との出会いを暗示します。
あなたの寂しい心を包み込んでくれる、そんな優しい異性との出会いがあるでしょう。

しかし、裸の胸に対して顔をうずめる夢は、欲求不満を暗示します。
性的な願望が高まっているときですので、気を抜いて醜態をさらさないように注意しましょう。

顔をうずめた胸に傷や痣があった場合は、あなたに恋のライバルが現れることを暗示するでしょう。

胸が苦しい夢

胸が苦しい夢は、人間関係に悩みを抱えていることを象徴します。
独りで抱え込まずに、親友や家族など信頼の出来る相手に相談してみては?
きっと良いアドバイスをもらえるでしょう。

また、あまりにも頻繁に胸が苦しい夢を見るようでしたら、自身の病気を疑ってください。
早めの検診をおすすめします。

胸を刺される夢

胸を刺される夢は、あなたのプライドが大きく傷つけられることを暗示します。
あなたの周りに誰かあなたを陥れたいと考えている人間がいるようです。

胸を刺される夢を見たあなたは「刺される夢の夢占い」も参考にしてください。

胸が大きくなる夢

女性が胸が大きくなる夢を見た場合、あなた自身の魅力が高まっていることを暗示します。
それは何も外見的なことだけに限定するものではありません。

また結婚運が高まっているときでもあります。
そのような相手がいるようでしたら、良い方向へと動き出すかもしれません。

男性がこのような夢を見た場合は、単純に恋愛運の高まりを暗示します。
また、精神的に疲れており、自分を優しく包み込んでくれる母性に憧れを抱いている場合もあるでしょう。

胸が小さくなる夢

胸が小さくなる夢は運気の低下を暗示します。
この場合は、恋愛運の低下と言うよりは、金運の低下を暗示します。

入ってくるお金が少なくなるというよりは、今あるお金が出て行く、なくなる、ということを暗示しています。
無駄な浪費には充分に注意しましょう。

胸を見られる夢

あなたが不本意に胸を見られる夢は、あなたが周りの目を意識しすぎていることを意味します。
周りからの評価を気にしすぎて、そのことがプレッシャーやストレスになっているようです。
あなたが思うよりも、周りは他人に対して無関心です。
のびのびとするほうが、あなたの本来の力を充分に発揮することが出来るでしょう。

逆にあなたが自分から胸を見られるように仕向ける夢であれば、あなたは周囲に注目されたいという気持ちが大きいことを意味します。

胸毛が生える夢

あなたが女性の場合、胸に毛が生えたり、胸毛が生える夢は家庭運の低下を暗示します。
子供や旦那にバレたらまずい秘密を抱えていませんか?

もし、心当たりがあるようでしたら、その秘密が露見することを暗示します。
そのことがきっかけで家庭内でトラブルになってしまうことも。

男性がこの夢を見た場合は、自身の魅力のアップを暗示します。
体力も漲っているときですので、思う存分仕事や勉学に打ち込めるときです。

胸を揉まれる夢

胸を揉まれる夢を見たとき、あなたが嫌な感じをした夢であれば、愛情不足を暗示します。
今のあなたは寂しさを抱えており、誰かにその寂しさを埋めて欲しいと感じているようです。
特にあなたが男性の場合であれば、母性を求めていることを暗示しています。

逆に胸を揉まれても嫌な感じをしなかった場合は、あなたが他人から注目されたいと感じていることを意味します。
周りから評価されたい、周りにちやほやされたいといった気持ちが夢に現れているのです。

人気の夢占い

上に戻る ↑