カマキリの夢占い

カマキリは、手を合わせて拝むような特徴的なポーズをします。
これは拝み虫と呼ばれ、英語でも「祈り虫(prayingmantis)」と呼ばれています。

このことから、カマキリは精霊の贈り物と呼ばれ、「カマキリに拝まれると死ぬ」という迷信までささやかれています。

カマキリの夢は、不思議なひらめきや霊感、あなたの欲深さなどを表していると言われ、あなたにアドバイスや警告を伝えようとしています。

また、カマキリに拝まれる夢は不幸が舞い込む暗示とされており、死をも暗示しているとまで言い伝えられています。

カマキリが捕食している夢

カマキリが捕食している夢は、あなたの金運が上昇する暗示で吉夢です。
カマキリが元気で攻撃的である程、お金に恵まれるでしょう。

逆にカマキリが物静かな様子だった場合は、金運の良さは長くは続かないかもしれません。
大きなお金が手に入ってもすぐには使い切らず、貯蓄などに回すのが良いでしょう。

また、カマキリの共食いの夢は、あなたが親友と仲たがいをする暗示です。対人面での運気は低下しています。
あなた自身も気持ちが揺らいでいる状態ですので、うっかりと変な発言をしないよう気を付けましょう。

カマキリの鎌で挟まれる夢

カマキリの鎌で挟まれてしまう夢や、カマキリに襲われる夢は、あなたが誰かに目を付けられている警告です。
それが良い意味で、あなたに好意を寄せているだけなのか、それとも相手に嫌われて目を付けられているのかは夢だけで判断できませんが、少し用心した方が良い時期です。

また、あなたをライバルと思っている人物が現れる暗示です。
対人面、恋愛面でいざこざに巻き込まれる恐れがあるので注意してください。

奇抜なファッションなど、目立つ行動は凶を招きます。今は落ち着いて過ごしましょう。

カマキリを捕まえる夢

カマキリを捕まえる夢は、あなたが前向きに行動できている証で、吉夢です。
自分の中にある欲望に惑わされず、何事にも理性を働かせて対応できるでしょう。

恋愛面でも好調です。感情的になり過ぎず、冷静に判断できる時期だと言えます。
素敵な出会いを探すなら、今がチャンスかもしれないので、自分から行動していきましょう。

ただし、男性がメスカマキリを捕まえる夢を見た場合は、あなたを狙う恐ろしい女性が現れる警告なので注意しましょう。
女性がメスカマキリを捕まえた場合は、攻撃的になっているサインです。

カマキリを殺す夢

カマキリを殺す夢は怖いですが、あなたが自分の中にある欲望と闘っており、欲望をセーブしているサインです。
今は自分の弱さに負けず、理性的な言動ができているのかもしれません。

また、カマキリを食べてしまった夢は、あなたが前向きになっているサインです。吉夢ですので安心しましょう。

ただし、夢占いで食べる行為は「吉」ですが、カマキリを食べた場合はあなたの気持ちが高ぶっていて、攻撃的になりつつあるサインでもあるので、理性的な考えを忘れないように心掛けましょう。

巨大なカマキリの夢

巨大なカマキリが出てくる夢は、あなたが大きな揉め事に巻き込まれてしまう警告です。
独りでは到底解決できないような、大惨事に見舞われてしまう恐れがあるので注意してください。

また、巨大なカマキリが追いかけてくるような夢の場合、あなたが一方的に追い詰められたりして、立ち直るのが大変な程に落ち込んでしまうかもしれません。

どちらにしても凶夢で、独りでどうにかできる問題ではないので、協力者が必要になるでしょう。
いざと言う時に味方になってもらえるよう、周りへの気遣いを忘れずにいましょう。

カマキリの卵の夢

カマキリの卵が出てくる夢は、あなたが悩みを抱えて疲れてしまっているサインです。
運気は低迷し、休息を必要としています。

また、何かに嫌な感情を抱いていたり、あなたを取り巻く状況の変化に耐えきれなくなっている場合もこの夢を見ます。

恋愛運も良いとは言えない状態で、パートナーの生理的に合わない部分を見つけてしまったり、気持ちや価値観のすれ違いで苦しんだりするかもしれません。

また、あなたが気持ちを発散できず、殻に閉じこもってしまう暗示ですので、気分を変えた方が良いでしょう。

たくさんのカマキリの夢

たくさんのカマキリが出てくる夢は、あなたが大勢の人に嫌われてしまっているという警告です。
凶夢と言えますが、夢で教えてくれたのですから、何が原因か考えてみましょう。

偉そうな態度を取っていたり、人を傷付ける発言をしたりしていないか、自分の言動を思い返してみると良いでしょう。
このままではたくさんの人から非難され、深く傷付いたり、職場や学校などでの居場所を失くしてしまうかもしれません。

これを機に、自分の欲望を抑えて周りのために動くことを始めましょう

人気記事

最新の夢占い

上に戻る ↑