好きだった人の夢占い

夢の中に昔好きだった人が現れることがあります。
初恋の相手だったり、学生時代に好きだった人や憧れの人、または昔の元彼(元恋人)や元旦那の場合もあるでしょう。
あなたが男性なら元彼女や元嫁ですね。

これらの好きだった人は夢占いにおいて、恋愛の価値観や新たな出会いを象徴します。

片思いで終わった恋は意外と心の片隅に残っているものです。
夢に現れる片思いの相手は、多くの場合、あなたの後悔や願望を表すことを覚えていてください。

好きだった人が現れる夢

昔、好きだった人が夢に現れると何だか幸せな気持ちになりますよね。
好きだった人が夢に現れたとき、その人とどのような関係にあったのか、何をしていたのかが夢を占う重要なポイントです。

好きな人が笑顔だったりと好印象の夢の場合は、気持ちが滅入っていることを意味します。
精神的な疲れやストレスにより、心の安定を欲しています。
恋人がいない人の場合は、恋人を欲していることもあるでしょう。

好きな人が怒っていたり、喧嘩になるような夢の場合は、あなたは過去の自分と決別できているようです。
新しい一歩を踏み出そうとしているのかもしれません。新たな出会いもありそうです。

好きだった人とデートする夢

初恋の人など、好きだった人とデートする夢は、現在の恋愛に満足いっていないことを暗示します。
特に好きだった人とのデートが楽しければ楽しいほど、今の恋愛に物足りなさを感じています。

恋人がいる人は今の恋人に、恋人がいない人は好意を寄せている人や、今の自分の状況に不満を感じています。

好きだった人とデートする夢を見たのなら、「デートの夢占い」も参考にしてみてください。

好きだった人に告白される夢

好きだった人に告白をされる夢は、その人のことを好きだった時点と現在の期間の長さで意味が異なります。

最近好きだった人に告白される夢は、そうなれば良かったのにという願望を暗示します。
傷ついた心が見せた夢で、特に深い意味を持ちません。

昔に好きだった人に告白される夢は、新たな恋の始まりを予兆しています。
特に昔片思いだった相手に告白される夢は、恋愛運の上昇を伝えるでしょう。

好きだった人と付き合う夢

好きだった人と付き合う夢は、現在恋人がいない人が見た場合、恋人が欲しいという願望が現れています。

昔、好きだった人というのはあなたにとって神格化されています。
いわば理想の相手なのです。

このように憧れていた人や好きだった人と付き合うのは、自分の理想の相手が自分に前に現れて欲しいという願望なのです。

好きだった人と結婚する夢

昔、好きだった人と結婚する夢は、あなたの結婚願望が高まっていることを暗示します。

現在、すでに結婚していたり、違う相手と結婚が決まっているときに、この夢を見たのであれば、今の結婚に対して、不満や不安を感じていることを意味します。

夢に現れれる「好きだった人」はあなたの理想の象徴です。
すべてを満たした理想の相手はなかなかいないということを肝に銘じておきましょう。

好きだった人と結婚する夢を見たのなら、「結婚の夢占い」も参考にしてみてください。

好きだった人が結婚する夢

好きだった人が他の人と結婚する夢を見たとき、あなたが夢の中で相手を祝福していたのであれば、過去との決別を暗示します。
恋愛に限らず、仕事など様々な面で過去と決別をし、新たな一歩を踏み出すときです。
運気も味方となるでしょう。

元彼など好きだった人が結婚して、ショックを受けるような夢の場合は、相手が別の人と幸せになることを受け入れることができない状況を暗示しています。
まだあなたが引きずっていたり、自分の今の状況が幸せだと感じれていないようです。

好きだった人とキスする夢

好きだった人とキスする夢は、愛情に飢えていることを暗示します。
キスという行為は、人間のみならず動物の愛情表現です。

夢の中の好きだった人はあなたの理想の相手を象徴しますので、「理想の相手とキスをしたい」という願望が強く現れているときです。

しかし、キスをする夢を見るときは恋愛運が高まっているときでもあります。
よい出会いが訪れるかもしれません。

好きだった人とキスする夢を見たのなら、「キスの夢占い」も参考にしてみてください。

好きだった人が死ぬ夢

好きだった人が死ぬ夢は、新たな恋愛の始まりを暗示します。
夢の中の「死」は再生や復活の象徴です。

現在恋人がいない人は、新たな出会いや復縁できる可能性が強いでしょう。

また、恋人がいる場合でも良き出会いがありそうです。
どちらを選ぶのかはあなた次第です。

今のパートナーと険悪なムードの時にこの夢を見た場合は、より絆が深まる暗示の場合もあります。

死ぬ夢の夢占い」も参考にしてみてください。

最新の夢占い

上に戻る ↑