指輪の夢占い

夢占いで指輪は結婚や愛情など恋愛運に関する意味を多く持ちます。

夢の中で指輪をどう扱ったで、恋愛運の状態や、相手に対する気持ちが見て取れます。

指輪は身に着けるものです。
デザインが気に入っていたり、サイズの合った指輪をはめている以外の夢は、その多くが恋愛運の下降を意味していたり、あなたの恋愛感情が失われてしることを表します。

夢からのメッセージを注意深く読み取って、対策を立てる時のヒントにしてください。

アクセサリーの夢占い」も参考になるかもしれません。

指輪をつける夢

指輪をつける夢というのは、あなたの気に入ったデザインや、サイズがぴったりと合った指輪をはめるのであれば、恋愛運が高まっていることを意味します。

相手がいる場合は、その相手との関係が良好であることを表し、相手がいない場合は、素敵な出会いを予兆しています。

しかし、デザインが気に入らない指輪や、サイズが大きすぎたり、きつく感じる夢というのは、恋愛運の低下を意味します。

デザインが気に入らないのは、あなたが好きな異性に対する不満感を表し、指輪のサイズが大きく感じる場合は、あなたや相手の浮気心を表し、サイズが小さく感じる場合は、束縛感を感じているようです。

指輪をもらう夢

誰かから指輪を贈られる夢というのは、その贈られた相手との関係が進展することを意味しています。

恋人がいる場合は、その相手とめでたく結婚まで進みそうです。
また、恋人ではない好きな異性がいる場合は、恋人になれそう。

恋愛運が上がっている時なので、積極的に行動をしましょう。

しかし、ただ単にあなたの結婚願望の高まりが夢に表れている場合もあります。
最近、友人の結婚式に出席したり、恋人と別れたなどがあった場合はその可能性が高いでしょう。

指輪を落とす夢、指輪を失くす夢

指輪を落としたり、失くしてしまったりする夢というのは、現実でも大切なものを失くしてしまうことを意味しています。
順調にいっているようでも、気を緩めずに大切に思う気持ちを忘れないようにしましょう。

失くす物は何も「物」に限らず、人間関係や恋愛感情という場合もあります。

もし前の恋人からもらった指輪を失くしたり落とすような夢の場合は、その恋人への想いがやっと吹っ切れたことを意味します。
新しい恋に向かって進むには良い時期です。

また、自分で意図的に指輪を投げ捨てるような夢は、恋愛や人間関係を自ら放棄してしまう知らせ。
実行する前に、本当にそれでいいのか良く考えてください。
一時の感情で行動することは、後で後悔することにになるでしょう。

指輪が割れて壊れる夢

指輪が真っ二つに割れたり、壊れたりする夢というのは、あなたが恋愛面で不安や不満を抱いていることを意味しています。

好きな人に指輪を贈る夢

好きな人に指輪を贈る夢というのは、そのあげた相手との恋愛が始まることを意味しています。

贈った相手が夢の中で嬉しそうにしていたのであれば、うまくいく可能性は高いでしょう。

もし恋人に指輪を贈ったのであれば、お互いの結婚願望が高まっていることを意味しています。

金色の指輪が印象的な夢

金色(ゴールド)の指輪の夢は幸運や自信を意味します。
ゴールドの指輪を人からもらう、身につける夢と言うのは、基本的には恋愛運の上昇と捉えて問題はないでしょう。

しかし、指に複数の金色の指輪をつけていたのであれば、それはあなたの見栄を表します。
傲慢になりすぎている節もあるので、もう少し謙虚になりましょう。

参考:金色(ゴールド)の夢

指輪を薬指につけている夢

薬指に指輪をつけるというのは、ご存知の通り特別な意味を持ちますよね。

夢の中に置いても同じで、薬指に指輪をはめている夢というのは、あなたの結婚願望が高まっていることを意味しています。

指輪を小指につけている夢

小指につける指輪のことをピンキーリングと呼びます。
ピンキーリングとは昔から「チャンスや秘密」の象徴とされています。

左小指にはめていた場合は、恋愛運が上がっていることを意味しています。
恋人との発展や新たな恋の予感です。

右小指にはめていた場合は、あなたの表現力が高まっています。

指輪のサイズが合わない夢

指輪のサイズが合わない夢というのは、あなたの対人関係の低下を表します。
特に恋愛面での運気が下がっているようです。

指輪のサイズが大きく感じる夢は、あなたや相手の浮気心を表します。
そのことが原因で、あっという間に関係が壊れてします可能性がありますので注意が必要です。

指輪のサイズが小さく感じる夢は、束縛感を感じているようです。
しかし相手との関係を壊すまいと、あなたが無理をしているようです。
精神的に良好な状態ではないので、息抜きをすることを心がけてください。

しかし、羽目の外しすぎはダメですよ。

指輪を外す夢

夢の中で指輪を外す夢というのは、恋愛面で疲れていることを表しています。

恋愛がうまくいかずに、自暴自棄になっているようです。

相手がいる場合は、しっかりと相手と話し合うことが大切です。
相手がいない場合は焦りは禁物です。
その心の隙間に悪者が漬け込んでくるでしょう。

指輪を見る夢

夢の中で指輪を見ていたり、眺めているような夢は、あなたの恋愛運の上昇を意味しています。

あなたが独り身の場合は、新たな出会いや異性との進展があるでしょう。

もしも相手がいる人がこのような夢を見た場合は、相手との間で問題事が起こりそうです。
しかし安心してください。

それはお互いの関係をより深めるための試練です。
二人で力を合わせて乗り越えることで、より良い関係に進展するでしょう。

指輪が盗まれる夢

あなたが普段つけている指輪が盗まれる夢の場合は、その盗んだ相手があなたを意識していることを意味しています。
盗んだ相手が知らない人だった場合は、新たな異性との出会いを予兆しています。

もし、あなたがコレクションしている指輪を盗まれるような夢だった場合は、あなたの金運の低下を意味します。
急な出費や財産の喪失に気をつけてください。

指輪を盗む夢

誰かの指輪を盗む夢は、あなたの恋愛運が低下していることを意味しています。

好きな人や恋人がいる場合は、その相手との関係が悪化してしまう可能性があるでしょう。

指輪を買う夢

自分で指輪を買う夢というのは、あなたの恋愛願望や結婚願望が高まっていることを表します。

夢の中で気に入った指輪を変えた場合は、対人関係や恋愛面で良い出来事が起こる予兆です。
あなたの魅力が高まっているときなので、今はまだ出会っていない人というよりは、もう既に出会っている人との関係が深まっていきそうです。

指輪を拾う夢

指輪を拾う夢というのは、恋愛運の上昇を意味します。

思いがけない素敵な出会いが待ち受けていそうです。
普段行かないようなところにも足を伸ばしてみても良いかもしれません。

指輪を探す夢

指輪を探す夢というのは、あなたが実際に指輪を失くしていないのであれば、結婚願望が高まっていることを意味しています。

結婚指輪の夢

二人を結ぶ印である結婚指輪の夢は、現在の恋人やパートナーが結婚相手になることを意味しています。

または一生を共にするような出会いが近いうちに訪れそうです。

あなたに恋人がいて、結婚指輪をプレゼントされたり、結婚指輪をはめる夢というのは、相手の気持ちも高まっていることを意味しています。
近いうちにプロポーズされる可能性を暗示しています。

結婚指輪を落としたり失くすような夢というのは、結婚の時期が遠のくことを意味していますので注意が必要です。

人気記事

最新の夢占い

上に戻る ↑