足音の夢占い

夢の中で足音がこだましている。
そして、その足音が段々と近付いてくる・・・。

とても不気味な感じがしますよね。

足音が聞こえる夢や足音が近付いてくる夢というのは、あなたが他人に対して不信感を感じていること意味しています。

おそらくあなたが昔、他人に対して不信感を感じてしまったことがトラウマとなって、傷つくのはもう嫌と思っている気持ちが夢に現れているようです。

考えすぎるのはやめて、冷静な気持ちで対処しましょう。

足音が近付いてくる夢

夢の中でだんだんと自分に足音が近付いてくる夢というのは、他人への恐怖感を感じていることを意味します。
夢で足音を聞いて、「この人かも!」と思った相手に対して何らかの強迫観念があるようです。

また、あなたが誰かに対して後ろめたい気持ちを持っているときも、このような夢を見ることがあります。

足音が聞こえる夢

足音が聞こえる夢は、その足音に対して不気味さを感じれば感じるほど、他人に対して不信感を持っていることを意味します。

昔のトラウマが、あなたに他人への不信感を根付かせているようです。
まだトラウマが解消されるには時間がかかるでしょう。

足音を立てないように気をつける夢

足音を立てずに忍び足で歩く夢は、周りに気を使いすぎていることを暗示しています。

あなたは必要以上に周りに神経を使いすぎており、精神が消耗しています。

忍び足でどこかに侵入する夢は、あなたが他人に対してやましい気持ちを持つことを表します。

一方で忍び足でどこかから脱出して逃げる夢は、他人に対して気を使うことに疲れていることを表しています。

天井から足音が聞こえる夢

夢の中の天井は、自分よりも力の高い存在を表します。

足音は不信感の象徴ですから、天井から足音が聞こえる夢は、自分の目上の人に対する不信感を象徴するでしょう。

足音に対して嫌悪感や恐怖感を感じたり、大きな音であるほどその気持ちは強い傾向です。

最新の夢占い

上に戻る ↑